今どきの車の買い方って知ってる?5つの買い方とそれぞれの特徴を紹介

公開日:2022/02/01  最終更新日:2022/02/25

車を所有することは、生活の利便性や快適性が向上する反面、購入するためには高額な費用が掛かります。そこで、できるだけ安く品質のよい車を購入したいと考える方も多いでしょう。車はどこで購入するのかによって金額や状態が変わります。そこで本記事では、車の買い方と、購入方法によって異なる特徴について紹介します。

カーディーラーで購入する

車を所有することで、生活の利便性や快適性を向上させることにつながります。しかし、車を所有するためには初期費用や維持費に高額なお金がかかることも事実です。そこで、最近では車の持ち方が多様化しつつあります。

たとえば、週末や大型連休だけに車を利用する方は、カーシェアやレンタカーで車を利用する方も一定数いるでしょう。また、毎月一定の金額を支払うことで、リース会社が所有する車を利用する権利が得られる、カーリースというシステムも人気が高まっています。

カーリースは、車の購入にかかる初期費用や税金、車検などの費用が毎月の費用に含まれているため、突然高額な費用が発生しない点がメリットだといえます。しかし、自分で車を所有することの最大のメリットは、レンタカーやカーリースにはない自由度の高さにあるでしょう。

たとえば、レンタカーは、使用する日・時間に予約をしておく必要があり、人気のシーズンには車を借りられないこともあります。一方、カーリースは自家用車のように利用できますが、走行距離やペットの乗車についてはリース会社のルールに従う必要があります。

そこで、何の制限もない状態で車を利用したい方は、車の購入をおすすめします。しかし、車の買い方には主に5つの方法があり、特徴を知った上で目的に合う買い方をすることが大切です。

まず、最も一般的な買い方としてカーディーラーでの購入が挙げられます。カーディーラーとは、特定のメーカーと特約店契約を結んでいる店舗のことです。つまり、メーカーの指定するサービスや販売方法に沿って提案を行っており、車やサービスの品質が高いことが魅力です。

また、新車を手に入れたい場合もカーディーラーで購入するのがよいでしょう。ただし、品質が安定している分、販売価格やメンテナンス費用が高くなる傾向があります。

サブディーラーで購入する

サブディーラーとは、特定のメーカーと特約店契約を結んでいない状態で販売を行っている店舗のことです。そのため、複数のメーカーの車を取り扱っており、販売価格もメーカーの指示に従う必要がないため安価で状態のよい車を手に入れられる場合があります。

また、サブディーラーはメーカーと契約を行っていないことから、直接車を仕入れることができません。そこで、新車はカーディーラーから仕入れていることがほとんどです。ただし、メーカーから車を仕入れていないため、保証は自社で対応することになります。したがって、ディーラーよりも補償内容が充実していないことが一般的です。

中古車販売店で購入する

新車ではなく中古車の購入を検討している方は、まずは中古車販売店での購入を検討するようにしましょう。ただし、中古車販売店の中にもいくつか種類があります。たとえば、認定中古車を販売しているディーラーや、幅広いメーカーの中古車だけを取り扱っている販売店などがあります

認定中古車とは、ディーラーが車の状態をチェックし、状態がよいと判断されるものだけが得られる認定です。そのため、高年式で品質の高い中古車が多く、保証制度も充実しています。ただし、販売価格はあまり安くない物もあるため、慎重に検討することが重要です。

また、中古車を専門に扱っている店舗は、販売店によってサービスや品質が異なります。そこで、信頼できる販売店で慎重に車の状態をチェックし、すぐに故障しない車を選択することがおすすめです。

オークションで購入する

近年ではネットオークションで車の売買を行っているケースもあります。ネットオークションとは、個人間でインターネットのオークションサイトを利用して売買を行う仕組みです。業者が間に入らない分、安価で売買を行うことができます。

ただし、トラブルに巻き込まれないよう注意しましょう。たとえば、購入した車の状態が予想以上に悪かった、購入された車の代金が支払われないなどは起こりがちなトラブルです。しかし、トラブルになっても自分で解決する必要があります。

フリマで購入する

個人間での車の売買方法として、フリマを利用する方法があります。オークションとシステムが似ていますが、フリマの方がより簡単なシステムとなっており安価で車を手に入れられることがメリットです。しかし、システムが簡単な分、あまり内容を理解していない方が販売を行っていることも少なくありません。

また、オークションとフリマは、写真でしか車の状態をチェックできません。そこで、説明されている内容よりも状態が悪かったということは、よくあるトラブルの事例なのです。そのため、トラブルを回避して売買を行いたいという場合は、ディーラーや中古車販売店でくるまの状態を確認してから買うとよいでしょう。

 

車の購入方法には主に5つのパターンがあります。最も安価に車を購入したい方は、個人間で売買を行うオークションやフリマがおすすめですが、トラブルが起こりがちなことも事実です。そこで、できるだけトラブルを回避し、安心できる状態で車を購入したいという方は、ディーラーや中古車販売店での購入をおすすめします。つまり、購入方法によって異なる特徴を理解し、目的に合う買い方をすることが大切なのです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

免許を取得したら、「自分の車を購入したい」と思うものです。しかし、はじめて車を買う人は、「何をする必要があるか」をよく理解していないのではないでしょうか。この記事では、車購入の流れや車を購入
続きを読む
車に頻繁に乗らないからこそ、車のパーツが傷むことがあることを知っていますか?この記事では、車を置きっぱなしにしている人こそ注意したい、劣化しやすい車のパーツや点検方法などを紹介します。ぜひ車
続きを読む
車の購入を検討する際は、予算やメーカー、燃費などさまざまな点を考慮し、ライフスタイルや希望に合う車種を決定することが大切です。そして、車選びではボディタイプを重要視しているという方も一定数い
続きを読む