車の保険はどこで加入する?自動車販売店以外でも入れる保険とは

公開日:2022/02/15  最終更新日:2022/02/25

一昔前までは、自動車購入時に販売店で自動車保険に加入するのが当たり前でした。しかし近年、保険の種類が多様化し、自動車販売店以外で加入する人も増えてきています。そこで今回は、自動車保険の代表的な加入方法を3つご紹介したいと思います。新車購入や保険の見直しをご検討中の方は、ご自分に合った保険選びの参考にしてみてください。

自動車保険は自動車販売店で加入するのが一般的

冒頭で、「自動車販売店以外で自動車保険の加入をする人が増えてきている」と述べました。しかし、まだまだ販売店で加入する人が多いというのが現状で、最も一般的な加入方法といえます。

自動車販売店は、自動車保険などの代理店を兼ねている場合が多く、車選びだけでなく自動車保険選びもあわせて任せることが可能です。これは、保険についてあまり詳しくない人にとって大きなメリットといえるでしょう。また、自動車修理もできる販売店であれば、事故や故障で修理が必要な際は、販売店が窓口となって修理と保険の両方をまとめて対応してもらえます。

ただし、自動車販売店では、どうしても車の購入にかかわる話がメインとなり、オプションや値引きを中心に話が進んでいきます。保険内容や保険料について、じっくり検討するということはなく、自動車販売店が取り扱っている、ごく一般的な補償内容の保険に加入することになると考えておいてください。

また、保険専門の代理店ではないため、取り扱っている保険が1社のみという場合が多く、いろいろな保険を比較して選ぶといったことも難しいでしょう。

保険料は高くなる傾向にある

自動車販売店が、保険代理店を兼ねているため、保険料に代理店手数料が含まれている場合がほとんどです。そのため、直接保険会社と契約する保険に比べ、保険料が高くなる傾向にあります。

しかし、車購入から保険までをまとめて任せられるので、少々保険料が高くても、なるべく手間が省けた方がよいと考える人には、自動車販売店での保険加入が向いているといえます。

保険についてじっくり考えたいのなら代理店で相談できる

代理店の中には、損害保険を専門的に扱っているところがあり、「保険のプロ」に相談できます。これから購入する車だけでなく、すでに加入している保険の見直しなどについてもプロ目線のアドバイスをもらえるため、車の乗り方や家庭環境が変わった際には、相談してみることをおすすめします。補償内容を見直して保険料を安くできるかもしれません。

保険ショップなら総合的に相談できる

街の保険ショップなどは、複数の保険会社の保険を取り扱っている場合が多いため、たくさんの選択肢の中から、自分に合った保険を選ぶことが可能です。また、「乗合代理店」と呼ばれる保険ショップであれば、生命保険も取り扱っており、すべての保険について総合的に相談できるといったメリットもあります。

しかしながら、事故や故障で補償を受けたい場合、自動車販売店などの修理工場と保険代理店のそれぞれに連絡を取らなければいけません。自動車販売店で保険加入するよりも、手間が増えてしまうといったデメリットがあることを覚えておいてください。

代理店手数料がかかる

保険専門の代理店も、自動車販売店と同様に、保険料に代理店手数料が含まれている場合がほとんどです。そのため、直接保険会社と契約する保険に比べ、保険料が高くなる傾向にあります。しかし、「保険のプロにじっくり相談して自分に合った保険に加入したい」「自動車保険や生命保険など一括管理したい」と考える人には、保険ショップなどの乗合代理店に相談するのが向いているといえます。

少しでも安くしたいのなら通販型の自動車保険もある

保険料が安いとして知られる「通販型自動車保険」は、最近、テレビCMでも見かけることが多くなりました。「ダイレクト型自動車保険」とも呼ばれ、インターネットや電話で直接保険会社に連絡し加入手続きを行います。

代理店などを介さないので、代理店手数料やその他コストをカットでき、安く保険に入ることが可能です。安い保険料であっても、補償内容は代理店で加入する保険と大差がないため、万一の備えとして充分なサービスといえます。

インターネットの普及により増加傾向

インターネットの普及に伴い、通販型自動車保険のシェアは年々増加しています。スマートフォンやパソコンで手軽に加入手続きができるうえ、保険料も抑えられるとあって、インターネットに慣れている世代を中心に人気が高まってきているようです。

ただし、ネット操作に不慣れな人にとっては、加入手続きのハードルが高く感じるといったデメリットもあります。また、補償内容についても、保険会社のホームページなどから自分で調べて決定する必要があり、どのような補償にすればよいのか分からないといった声もあります。「保険のことは直接会ってじっくりと相談したい」という人には向いていない保険といえます。

しかしながら、通販型が最も安い自動車保険ということは間違いありません。いきなりインターネットで加入手続きするのは不安という方は、一度コールセンターなどに電話して相談してみるのもよいかもしれません。

 

今回は、自動車保険の代表的な加入方法を3つご紹介しました。それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分に合った保険に加入することが大切です。車と保険をセットでお任せしたいのであれば自動車販売店、いろいろな補償内容を比較して決めたいのであれば保険代理店、できるだけ保険料を安く済ませたいのであれば通販型を選ぶとよいでしょう。新車購入や自動車保険見直しを検討している方は、ぜひ、参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

免許を取得したら、「自分の車を購入したい」と思うものです。しかし、はじめて車を買う人は、「何をする必要があるか」をよく理解していないのではないでしょうか。この記事では、車購入の流れや車を購入
続きを読む
車に頻繁に乗らないからこそ、車のパーツが傷むことがあることを知っていますか?この記事では、車を置きっぱなしにしている人こそ注意したい、劣化しやすい車のパーツや点検方法などを紹介します。ぜひ車
続きを読む
車の購入を検討する際は、予算やメーカー、燃費などさまざまな点を考慮し、ライフスタイルや希望に合う車種を決定することが大切です。そして、車選びではボディタイプを重要視しているという方も一定数い
続きを読む